Hulu日本における初のブランドキャンペーン開始 コンセプトは“物語はつづく”


は2012年4月23日より、日本国内で初めてとなるブランド広告キャンペーンを実施いたします。テレビ広告やOOH(屋外広告)、オンライン広告を通して、日本のすべてのエンターテイメントファンの皆様に対し、Huluユーザーの方々は、日本、ハリウッド、その他海外の映画やドラマなど様々なジャンルのプレミアムコンテンツを、多彩なデバイスでいつでも、どこでも、お好きな方法でお楽しみいただけるというメッセージを訴求していきます。

記よりHuluのCMをご視聴いただけます。
Hulu: http://www.hulu.jp/watch/352771
YouTube: http://youtu.be/tPpuS1DkTGs

ブランドキャンペーン コンセプト 「物語はつづく」

Huluは世界中に存在する豊かな物語と、その物語を愛する人々を結びつけるサービスであるという観点から、キャンペーンコンセプト「物語はつづく」は生まれました。
古くは一万年前にクロマニヨン人が描いた鮮やかな色彩の壁画。詩、戯曲、歌舞伎、アニメーション、映画。どの時代も問わず、物語は人間にとって無くてはならない存在でした。たとえ現代人のライフスタイルがどんなに変化しても、これから先もずっと、物語は生きることを豊かにする存在でありつづけます。テレビには興味深い歴史があり、Huluは日本においても、テレビの未来の一部になることが出来るよう尽力していきます。

TV-CM 「物語はつづく」

Huluは人類1万年の壮大の物語の進化を30秒に圧縮して描きました。演出は日本で初めてCMを制作した、ロンドンを中心にグローバルに活動するディレクター集団「Shynola(シャイノーラ)」。作品ごとに様々なテイストで次々と新しい表現を生み出す彼らならではCMが完成しました。
撮影は原始時代の壁画と中世ヨーロッパの村の精巧なセットが広がった、ロンドン最大級のスタジオにて行われました。CMでは、コンピュータでプログラミングをしたカメラを少しずつズームアウトすることで時代の移り変わりを表現しています。また田口トモロヲさんがCMのナレーションを担当しました。

CMストーリー

原始時代、壁に絵を描いている人々。中世ヨーロッパで原始人の劇をする人たち。大正時代のロマンス映画で抱擁する俳優と女優。80年代のハードボイルドドラマの中で抱き合うカップル・・・物語は続いていきます。
そのハードボイルドドラマは誰かがテレビで見ていたものでした。テレビを見ていたのはなんとジャック・バウアー。ドラマ「24」のシーンが続く中、周りのデバイスと背景は変化していきます。私たちはジャックをスマートフォンでも、PCでも、リビングルームにあるテレビでも、タブレットでも見ることが出来ます。Huluなら、様々なコンテンツを多彩なデバイスで。