シンガーソングライター・コレサワがドラマ主題歌を書き下ろし! 共に大阪府出身の同郷コンビ!コレサワが主演の田中直樹と初対面!!


ココリコの田中直樹主演で映像化したドラマ「うつヌケ」
シンガーソングライター・コレサワがドラマ主題歌を書き下ろし!
共に大阪府出身の同郷コンビ!コレサワが主演の田中直樹と初対面!!

 

累計発行部数34万部超えを記録した田中圭一の原作コミックをココリコの田中直樹主演で映像化したドラマ「うつヌケ」が、9月29日(土)よりHuluにて全6話独占配信されることとなり、ぬいぐるみ姿でお馴染みのコレサワがドラマの主題歌を担当することが決定しました。

コレサワは、2017年に日本クラウンよりメジャーデビュー。中毒性のある声、POPなメロディー、独自の視点で切り取った歌詞が女子高生を中心に話題となり、現在では男性や幅広い年代へとファン層を広げている人気急上昇中の女性シンガーソングライターです。コレサワは、ドラマ全話の本編を観た上で、オリジナル楽曲「泣く門には福きたる」を書き下ろし。うつに悩む人々への応援歌にふさわしい、聴くと元気になれる、明るくPOPな曲調が印象的です。この主題歌「泣く門には福きたる」を収録した待望のセカンドアルバム『コレでしょ』が、9月19日(水)に日本クラウンよりリリース。主題歌リリースにあたり、この度、コレサワが主演の田中直樹と初対面!二人とも大阪府出身の同郷であることが判明し、コレサワが田中に「毎年、『笑ってはいけない』シリーズを楽しみに観ています!」と話しかけるなど、二人は出会ってすぐに打ち解けた様子。主題歌についてコレサワは、「うつを経験した人や、いままさに戦っている人、その人を周りで支えてる方々が、このドラマの中では沢山泣いています。泣いて泣いて泣きまくって、そして最後にちゃんとみなさんが笑えますように!」とコメント。また、主題歌を聴いた印象について、主演の田中直樹は、「時にはダメな自分も受け入れ、時には間違える事も正解で、時には肩の力を抜き、時には自分に甘くてもいい。そう思えれば、もしかしたら無理は生じないのかも、、。コレサワさん、『うつヌケ』の世界観にぴったりな素敵な曲をありがとうございます。あと時にはが多くてすいません。」と語り、畔柳恵輔監督は、「『うつヌケ』の世界を映像として表現する中で、僕なりに向き合い噛み締めてきた言葉にならない感覚を、コレサワさんが見事に歌詞とメロディで体現してくれた気がして、エンディングでスッと胸が晴れました。やるせないけど、なぜか微笑みがこぼれる、素敵な曲をありがとうございます!」と語りました。

ドラマ「うつヌケ」は、漫画家の田中圭一が自身の実体験をもとに、うつ病からの脱出に成功した人々を描いたコミック「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」(KADOKAWA刊)が原作。俳優としても活躍するココリコの田中直樹が原作者でもある主人公・田中圭一役を務め、大後寿々花演じる、うつとは無縁のアシスタント・カネコとともに、サラリーマン、専業主婦、フリーターなど、各話に登場するゲスト出演者の“うつヌケ“成功体験をレポートするハウツードラマとなっています。

ドラマ「うつヌケ」 2018年9月29日(土)Huluにて独占配信! 毎週土曜配信<全6話>
出演:田中直樹、大後寿々花
原作:田中圭一 「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」(KADOKAWA刊) 監督:畔柳恵輔
主題歌:コレサワ 「泣く門には福きたる」(日本クラウン)
©2018「うつヌケ」製作委員会

                                                      

 主演:ココリコ・田中直樹(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)/田中圭一役
1971年生まれ、大阪府出身。92年5月に遠藤章造とココリコを結成。バラエティ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(NTV)、「LIFE!〜人生に捧げるコント〜 series-6」(NHK総合)等にレギュラー出演中。映画デビュー作『みんなのいえ』(01)で、第25回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。他出演作に、映画『サイレン 〜FORBIDDEN SIREN〜』(06)、『チーム・バチスタの栄光』(08)、『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』(10)、『おかえり、はやぶさ』(12)、『だCOLOR?〜THE脱獄サバイバル』(16・主演)、TVドラマ「アリスの棘」(14/TBS)、「アイムホーム」(15/EX)、「猫侍 玉之丞 江戸へ行く」(16/東名阪ネット6・主演)、「朝が来る」(16/CX)、「砂の塔〜知りすぎた隣人」(16/TBS)、「増山超能力師事務所」(17/YTV・主演)。

原作:田中圭一 「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」(KADOKAWA刊)
1962年大阪府生まれの漫画家。近畿大学在学中の83年小池一夫劇画村塾(神戸教室)に第一期生として入学。翌84年、『ミスターカワード』(「コミック劇画村塾」掲載)で漫画化デビュー。86年開始の『ドクター秩父山』(「コミック劇画村塾」ほかで掲載)がアニメ化されるなどの人気を得る。大学卒業後はおもちゃ会社に就職。「週刊少年サンデー」にも不定期で『昆虫物語ピースケの冒険』(89~91年)を連載した。パロディを主に題材とした同人誌も創作。14年、noteおよび文芸カドカワ電子版で連載開始した「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」が17年1月、KADOKAWAより書籍化され、累計発行部数34万部を突破。NHK総合「クローズアップ現代+」にゲスト出演するなど、多方面で注目を集めている。

監督:畔柳恵輔(くろやなぎ けいすけ)
映像ディレクター。
広告制作会社の企画演出職を6年間勤めた後、海外での1年の自主映像制作期間を経て、現在は東京を拠点にCM、WEBムービー、ショートフィルム、MVなどの企画・演出を手がける。ドキュメンタリーからフィクションまで、人生を描くドラマからシュールな瞬間を切り取るコメディまで、ジャンル・尺・形式を問わない説得力のある演出に定評がある。
ACC(全日本シーエム放送連盟)アワード金賞、銀賞。ADFEST(アジア太平洋広告祭)金賞。ギャラクシー賞CM部門選奨など。

【フィルモグラフィ】
AGAヘアクリニックTVCM 「料金表子」篇
日清食品 チキンラーメンTVCM「0秒チキンラーメン」篇
リブセンス「マッハバイト」YouTube用6秒CMシリーズ
東海テレビ ドキュメンタリーCM 「この性を生きる。」

主題歌:コレサワ 「泣く門には福きたる」(日本クラウン)
大阪府摂津市出身 AB型
2015年初の全国流通盤「君のバンド」を発表。中毒性のある声、POPなメロディーと独自の視点の歌詞が話題に。同年末に「女子、ジョーキョー。」2016年には「ジエイポップ」とリリースを重ねる。メディアには顔出しをせず、「れ子ちゃん」と言われるクマのキャラクターがビジュアルを担当する。
2017年夏、日本クラウンからアルバム「コレカラー」でメジャーデビュー。同年全国10都市(11公演)にて初のワンマンツアー「コレサワ ワンマンツアー2017君の街にいくカラー」を開催。全会場SOLD OUT!
2018年5月、東京・大阪にて「コレシアター04」を開催。そして今年9/19に待望の2ndAlbum「コレでしょ」をリリースする。また、今秋全国16ヶ所を廻るツアー「コレサワ ワンマンツアー2018「コレでしょー」が決定している。

ストーリー

自身が“うつ”からヌケた経験を持つ漫画家・田中圭一(田中直樹)と “うつ”とは無縁のアシスタント・カネコ(大後寿々花)。二人は“うつヌケが原”という気持ちのいい草原から、サラリーマン、専業主婦、フリーターなど、うつヌケを体験した当事者たちと一緒に、彼らのうつヌケエピソードを振り返る。