オートバイレースの世界選手権シリーズ 「MotoGP」 をHuluでリアルタイム配信 バイクの車体に搭載した超小型カメラ映像や 空撮カメラを含むマルチアングル4映像を配信 10月14日(土)予選、10月15日(日)決勝


MotoGP™の歴史は、1949年からと古く、四輪であればF1にあたる、「世界最高峰のバイクレース」です。ヨーロッパでの人気はサッカーを凌ぐともいわれ決勝日の最高観客動員数はおよそ14万人、テレビ中継の視聴率は40%を超えたこともあります。MotoGPはエンジンの排気量別に世界トップ24しか参戦出来ない最高峰クラスと呼ばれる「MotoGPクラス(1000㏄)」、「Moto2クラス(600㏄)」,「Moto3クラス(250㏄)」の3つのクラスに分かれており、それぞれのクラスで予選・決勝のレースが行われます。今週末は第15戦が日本で開催されます。
HuluではこのMotoGP日本GPの予選10月14日(土)12:30~16:30(予定)と決勝10月15日(日)10:45~15:30(予定)の映像をリアルタイム配信します。

■Hulu 会員登録ページ:https://www.happyon.jp/

MotoGPの最大の魅力は、なんといってもエキサイティングなライダー同士のバトル。
四輪と異なり生身のライダーが、時には接触しながらライバルとラストラップのフィニッシュラインまで、ギリギリの熱いバトルを繰り広げ、目まぐるしく順位が変動します。
Huluではこの熱い戦いの臨場感を味わっていただけるように、マルチアングル4映像をご用意しました。

  • G+ MotoGP中継

 日本テレビが運営しているスポーツ専門CSチャンネル“日テレジータス”で放送する「リアルタイム」映像

  • オンボードカメラ (各クラス2選手分)

バイクの車体に搭載した超小型カメラの映像

MotoGPクラス:マルク・マルケス、バレンティーノ・ロッシ

Moto2クラス:フランコ・モルビデリ、中上貴晶

Moto3クラス:ホアン・ミル、佐々木歩夢

  • ライブトラッキング

全ライダーの現在位置を表示した「ライブトラッキング」CG画像

  • 空撮カメラ

レースを上空から撮影した「空撮カメラ」映像

※「空撮カメラ」はGPクラスの決勝のみ、それ以外はオンボードカメラを2選手分配信します。

2017シーズンは日本を含む世界14か国を回って、全18戦が開催され、クラスごとに年間チャンピオンが決定しますが、今週の日本グランプリはまさに年間チャンピオンを占う大事なレース。

最高峰MotoGPクラスは、現在ランキング一位、若干二十歳でMotoGPクラス史上最年少チャンピオンに輝いた若き天才のM.マルケス(ホンダ)、7度の最高峰クラス年間チャンピオンを獲得している生ける伝説V.ロッシ(ヤマハ)などが激しい年間チャンピオン争いを繰り広げています。また、来年から日本人として4年ぶりに最高峰MotoGPクラス参戦が決定している日本の中上貴晶がMoto2クラスで母国凱旋優勝を目指します。

 

※リアルタイム配信はPC、モバイルで視聴が可能です。配信の関係上、日テレジータスの放送とその他の映像に多少時差が生じる場合があります。

 

■Hulu配信内容

10月14日(土)12:30~16:30(予定) Moto3、MotoGP、Moto2予選

10月15日(日)10:45~15:30(予定) Moto3、Moto2、MotoGP決勝