氷室京介の“生き様”に迫る、6年間の密着ドキュメンタリー作品が完成! Huluにて独占配信決定!!


多くの伝説を残し、文字通りミュージックシーンのトップスターで在り続けた“氷室京介”。
しかし、2016年5月23日東京ドームで行われる「LAST GIGS」を最後に、氷室京介はライブ活動の無期限休止を宣言。2010年からの激動の6年間、様々な決断の裏で、1台のカメラがその姿を捉え続けていた。

「自分が目撃してきたものを、ファンにも伝えるべきだ――」

氷室京介の知られざる苦悩や葛藤を目撃し続けた監督の想いから、この『DOCUMENT OF KYOSUKE HIMURO“POSTSCRIPT”』は完成。
氷室京介に何が起こり、そして何を思い、何を決断したのか。多くのファンに衝撃を与えた無期限活動休止。
その裏で、今まで語られてこなかった真実をラストステージとなる「LAST GIGS」の「追伸—POSTSCRIPT」という思いを込めて、およそ180時間に及ぶ密着映像とトータル6時間以上に渡るロングインタビューを交えてお伝えします!

本ドキュメンタリー作品は、2010年から2016年に渡って、日本テレビが撮り溜めてきた貴重な秘蔵映像を動画配信サービスHuluにて全3部作を完全独占配信。さらには、総集編を劇場でも上映されることが決定しています。

氷室京介_スチール

■作品概要
作品名:『DOCUMENT OF KYOSUKE HIMURO“POSTSCRIPT”』

[第一部/to turn 50] 6月3日(金)配信
一人のテレビマンが、孤高のロックスターに駄目元で出した1通の企画書。そこに記した言葉「五十にして天命を知る」この言葉に反応し、氷室京介の密着取材が始まった…。
果たして氷室の天命とは? 氷室京介が50歳を迎えた2010年。50×50という全国ツアーに完全密着したドキュメンタリー。
普段絶対に見せたことのない舞台裏や家族、故郷など、今まで語ってこなかった氷室の長時間インタビューを一人のテレビマン「私」の目線で語っていきます。

[第二部/IF YOU WANT] 6月24日(金)配信
東日本大震災の年に制作された氷室27枚目のシングル「IF YOU WANT」。
封印していた作詞を敢行した氷室。ロサンゼルスでのレコーディングに完全密着。予期せぬ未曾有の大震災で曲の方向性の変化を余儀なくされた知られざるエピソード。さらには、この年に東京ドームで2日間行ったチャリティライブにも密着。およそ7億円もの寄付をした全曲BOØWYで構成された感動のライブ&ドキュメントをお伝えします。

[第三部/decision]配信予定 9月上旬配信予定
※第三部の配信は10月7日(金)スタート
なぜ、氷室は“引退”を決断したのか?2012年末の武道館カウントダウンライブ。デビュー25年目を迎えた2013年の未公開ロングインタビュー。そして、2014年7月。卒業を宣言した後の横浜スタジアム追加公演2日間に完全密着。初日のアクシデントによる骨折。痛みに耐えながらライブを行うプロとしての姿やファイナルでの雷雨による中断。苦闘する氷室とスタッフを追う。まさに筋書きのないドラマの連続が、結果的に2016年の「LAST GIGS」へと導く。「決断」の連続だったキング・オブ・ロックの生き様に迫る渾身の最終話をお届けします。