大人気イギリス犯罪ミステリーの新シーズンがついに日本到着!本日から独占配信開始!


あの凄惨な事件は終息したはずだった…。

再びイギリスとフランスをつなぐユーロトンネルで不可解な事件が発生。同時に悲惨な飛行機事故がドーバー海峡で起きた…。

言語と文化の違う捜査官が再びコンビを組み、難解事件の犯人を追う!

master_art_the_tunnel_s2_p

原作は、世界的に大ヒットしたデンマーク・スウェーデン合作「The Bridge/ブリッジ」。アメリカとメキシコの国境を舞台にリメイクされたダイアン・クルーガー主演の『ブリッジ ~国境に潜む闇』など、世界中で続々とリメイクが製作されている注目のドラマのイギリス版。

シーズン1ではドーバー海峡のトンネルでフランスとイギリス国境に跨る様に横たわった女性の遺体が発見されたことをきっかけに、次々と猟奇的な事件が発生していった。驚愕のラストを迎え、事件は終息したはずだったが、再びトンネルである事件が発生し、それと同じ頃に飛行機事故が発生する。

主演はシーズン1同様、スティーヴン・ディレインとクレマンス・ポエジー。スティーヴンは「THE TUNNEL ~国境に落ちた血」で国際エミー賞男優賞を受賞した。

 

<ストーリー>
多くの悲劇を生んだあの事件から数年が経ち、イギリスのカール(スティーヴン・ディレイン)は事件後、捜査官を辞め様々な事件の被害者を支援する団体で働いている。フランスのエリーゼ(クレマンス・ポエジー)はあれから昇進し、チームリーダーとして事件解決にあたっている。
ドーバー海峡のトンネルで、再び不可解な事件が発生した。車内で1人怯えている少女が見つかったが、ショックのあまり声を失っている。そして両親の姿はどこにもない。その数日後、ドーバー海峡に飛行機が落ち、乗員乗客全員が死亡した。無関係に思えるこの2つの事件は密接に関係していた。この事件を期に再び捜査官に復帰することを決めたカールは、エリーゼと再び手を組み事件解決の糸口を探す。犯人の目的は何なのか―?カールの直感力とエリーゼの分析力で犯人を追いつめていく。

「The Tunnel -サボタージュ」は本日から独占配信中!

シーズン1はこちら http://www.hulu.jp/the-tunnel 

シーズン2はこちら http://www.hulu.jp/the-tunnel-sabotage

シーズン1より更に難解な事件が勃発し、スピード感、スリリング度が増した新シーズン「The Tunnel -サボタージュ」をぜひご覧ください!