「グッドナイト・ムーン」 いつでも、どこでも、泣きたい時に(?)


初めまして、ロサンゼルスオフィスの小川です。皆さんは、忙しい毎日の中、物事が多かったり、悩み事等でモヤモヤな気持ちになったりしませんか?
思いっきり泣いてスッキリしたい、そんな時に huluを頼ってみてはどうでしょうか。

そこで私のお勧めは「グッドナイト・ムーン」。原題「Stepmom」 は英語で「義母」という意味で、ある女性カメラマンが弁護士と同居生活を始め、彼の子供2人となかなか関係がうまく行かず、先妻にも嫌われ、そこをどうにか乗り越えようとする主人公のストーリーです。そこで、先妻の大秘密を知った彼女は…

ペースもゆったりで、ニューヨークの風景も見所ですが、なんとも言えない演技力に何度涙を流したことか。実はhuluで業務開始してまもなく、コンテンツチェックのため、所々見ていたら鼻にジーンと来てしまい、涙をこらえようと頑張った新人、小川。(つまり私ですが…)今回、久々に最初から最後までじっくり見たところ、確実に5回は涙を流してしまい、ラストではヒックヒック大泣きをしてしまいました。

それにも、無理はありません。演技派豪華キャストにはジュリア・ロバーツ(「プリティ・ウーマン」、「ベスト・フレンズ・ウェデング」、「アメリカン・スウィートハート」)、同じくアカデミー主演女優賞を受賞したスーザン・サランドン(「デッドマン・ウォーキング」、「魔法にかけられて」、「若草物語」)、いつ見ても渋いエド・ハリス(「ビューティフル・マインド」、「プレイス・イン・ザ・ハート」、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」)そして天才子役 のジェナ・マローンとリアム・エイケンのお2人。監督は「グーニーズ」、「ホーム・アローン」やハリー・ポッターシリーズ第1〜3作、そして今年のアカデミー賞でノミネートされた「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」を手掛けたクリス・コロンバス。そして音楽はあの「スター・ウォーズ」、「E.T.」や「SAYURI」のジョン・ウィリアムズ。私の涙管が敵わないわけです。

サウンドトラックも魅力的で、マーヴィン・ゲイとタミー・テレルの名曲「Ain’t No Mountain High Enough」が未だに耳から離れません。

皆さんも是非huluセラピーをお試しください。