『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』 8.19初日舞台挨拶 Huluで独占LIVE配信決定!! 豪華キャストたちの熱い1日を追え!

日本中が熱狂している「HiGH&LOW」プロジェクトの最新映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』がついに8月19日(土)より全国公開いたします。先日、出演者たちの全国8大都市舞台挨拶付き上映チケットが発売されるやいなや、次々に即日完売となっており、ファンたちの盛り上がりは最高潮に達しようとしています。そんな中、「HiGH&LOW」シリーズを続々と配信してきたHuluでは、初日の出演者およびファンの熱気を会場に行けない全国のみなさまにもお伝えするべく、出演キャストが都内各劇場を駆け巡る初日舞台挨拶を独占LIVE配信する運びとなりました。

 当日は東京・丸の内ピカデリーの本番前からカメラが密着。岩田剛典・黒木啓司・NAOTO・町田啓太・鈴木伸之・関口メンディーの6人の豪華出演者が一堂に会してオープニングトークを行い、全国の舞台挨拶について紹介。その後、6人が3組に分かれて都内の劇場で舞台挨拶を行う様子を追いかけます。6人がどんな想いを『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』に込めて舞台に立つのか!?アクション感動超大作にふさわしい最高に熱い舞台挨拶の様子を、Huluリアルタイム配信の「HiGH&LOW舞台挨拶LIVE」にて、公開初日の朝から晩まで独占LIVE配信でお届けします。

 

Huluでは、『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』の公開に合わせて、HiGH&LOW伝説の全てが集結!『SEASON1特別版』、『SEASON2特別版』、『HiGH&LOW THE MOVIE』、最新シリーズ『HiGH&LOW THE DTC』、さらに8月19日からは『HiGH&LOW THE LIVE』も全て見放題!壮大なHiGH&LOWの世界観を一気に体感してください!

 

【初日舞台挨拶LIVE配信スケジュール】

LIVE① 10:30-10:50 (予定)

出演者=岩田剛典・黒木啓司・NAOTO・町田啓太・鈴木伸之・関口メンディー

内容=丸の内ピカデリー控室にて、舞台挨拶前の全員集合オープニングトーク!

 

LIVE② 13:00-13:20 (予定)

出演者=岩田剛典・黒木啓司

内容=丸の内ピカデリーにて上映前舞台挨拶

 

LIVE③ 14:50-15:05 (予定)

出演者=NAOTO・町田啓太

内容=ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて上映前舞台挨拶

 

LIVE④ 17:15-17:30 (予定)

出演者=岩田剛典・ 黒木啓司

内容=ユナイテッド・シネマ 豊洲にて上映前舞台挨拶

 

LIVE⑤ 19:30-19:45 (予定)

出演者=鈴木伸之・関口メンディー

内容=渋谷TOEIにて上映前舞台挨拶

 

※当日の状況により、配信時間が前後する可能性がございます。

 

【出演者】

岩田剛典(コブラ/山王連合会)

黒木啓司(Rocky/White Rascals)

 

NAOTO(ジェシー/プリズンギャング)

町田啓太(ノボル/山王連合会)

 

鈴木伸之(ヤマト/山王連合会)

関口メンディー(フォー/プリズンギャング)

 

Hulu リアルタイム配信 概要 

チャンネル名: HiGH&LOW舞台挨拶LIVE

URL: https://www.happyon.jp/realtimes/232

公式サイト happyon.jp/static/hl/

公式PR動画 https://youtu.be/wSo1YYMeeMI

 

 

 

 

小林聡美と大島優子が9変化!?WOWOW×Hulu 共同製作ドラマ「コートダジュール N゜10 」

このたび、WOWOW×Hulu共同製作の連続ドラマ「コートダジュール No.10」 (コートダジュールナンバーテン)に小林聡美と大島優子の出演が決定、11 月より 放送・配信がスタートいたします!

明日をつくるのは、自分だ。 “クールでナチュラルな体質”を持つ女優、小林聡美と大島優子。 友人の葬式で再会した 2 人、探偵、社交ダンスの先生と生徒、スナックに 集うギターの流しと常連客など2人の女優が 1話毎に異なるキャラクター を演じる 30 分×9 話のオリジナルストーリー。 きっと、あなたの身近にもいるかもしれない人びとの人生の一場面を、 小林と大島が自然な佇まいで演じます。 誰かのささやかな日常をそっと覗いているかのようで、舞台での芝居を 観ているような、“巧妙な演出”と“作為のない芝居”から生まれる新感覚の ドラマ。 “今日とは違う明日”が見えてくるきっかけは、何気ない日々の中で出会う 人や言葉の中にあるのかもしれない――2 人の女優と毎回異なるゲスト が織り成す、日常こそが宝物だと思えるような物語です。 それぞれ 9 通りの役を演じるのは、映画『かもめ食堂』(06)や『めがね』 (07)をはじめ、ジャンルを超えた様々なシーンで、自然体で生きる女性を 演じる小林聡美。そして AKB48 を卒業後、女優として映画『ロマンス』 (15)や TV ドラマ「東京タラレバ娘」(17)などに出演し、自然な存在感を 放つ大島優子。小林と大島は共演した映画『紙の月』(14)で、その年の 様々な映画賞を受賞。ドラマでは初共演となる 2 人が各話に個性豊かな ゲストを迎えて、「連続ドラマ W パンとスープとネコ日和」「ドラマ W 山のトムさん」のスタッフとともに贈る本作。どうぞご期待ください。


◆小林聡美 コメント

全く違う 9 本の物語、そして全く違う役柄と聞いた時、なかなか大変そうだなあと思いましたが、実際に撮影が始まると、 その懸念を面白さの方が超えていきました。私は、もともとあまり前もって考えず、現場に行って、その空気を感じた瞬間から その役に入っていくタイプなのだと思いますが、今回は作り手の方たちの発想も、その場に自然と生まれてくる空気感を大事 にしたいというものだったので、無理なくひとつひとつの話の中に入っていけました。 そして、今回は大島優子さんと一緒だと聞いて、彼女とだったらそういう感覚を共有できるだろうなあと楽しみにしていたので すが、想像した以上に素直で柔軟な人でした。見えないところできっと努力している真面目な人だと思いますが、 カメラの前にさらっと立ち、自由自在に動き反応する。彼女よりは少し長くこの仕事をしている私ですが、大島さんに、とても新 鮮な気持ちにさせて貰えたような気がします。 毎回、違う話の中に、毎回違うゲストの方たちが参加してくださって、とても刺激的で楽しい現場でもありました。 そんな撮影現場の楽しく新しい風が、観てくださる方たちに届くといいなあと思っています。


◆大島優子 コメント

シナリオを読んだ時、それぞれの話が全く違う世界観で、しかもなかなかタイトなスケジュールで次々に撮影していくと知り、 これは大変かもしれないぞと思いましたが、小林さんの醸し出すシャープだけど暖かい感じと、このチーム独特のシンプルな 空気感があり、戸惑いが、撮影が進むに連れリラックスしていき、やがて楽しさに変わっていきました。 全く違う話の中に、毎回違う素敵なゲストの方が出られるのも、緊張とともにとても新鮮な経験でした。 会話で展開していく、まるで一幕の舞台のような話もあり、丘の上に佇み風を感じている、ただその場所と同化するような話も あり、演じる方にいる自分自身が、やりながら観ている方にいるような、瞬間そんな錯覚もあったかもしれません。 また新しい気分で、自分自身の感覚を研ぎ澄まされる、そう思える作品でした。 観ていただく方にも、毎回新しい気分で楽しんでいただけると嬉しいなと思います。

 

WOWOW×Hulu共同製作ドラマ <9 話 タイトル>
*「むかしのともだち」 *「しののめ」 *「恩返し」
*「センチメンタルジャーニー」 *「白鳥ダンスアカデミー」
*「ある物件」 *「運動場」 *「スナック蟻ヶ崎」 *「ベンチにて」


企画プロデュース:高野いちこ

監督:松本佳奈
脚本:尾﨑英子 松本佳奈  たかのましろ
音楽:金子隆博
出演:小林聡美 大島優子 ほか


<特設サイト>

【WOWOW】http://www.wowow.co.jp/drama/ n10/
【Hulu】https://www.happyon.jp/static/n10/

<番組公式ツイッター>@cotedazur_no10

<放送&配信スケジュール>
WOWOW版(全 5 話):11 月より放送スタート 【第1話無料放送】
Hulu版 (全 4 話):11 月より配信スタート

 

HiGH&LOW最新シリーズ『HiGH&LOW THE DTC』 Huluで独占配信スタート!! 映画では描かれないエピソードを見逃すな!

8月19日(土)に『HiGH&LOW THE MOVIE2/END OF SKY』が劇場公開される巨大エンターテイメントプロジェクト「HiGH&LOW」。その最新シリーズ『HiGH&LOW THE DTC』が8月11日(金)からHuluで独占配信されます。

『HiGH&LOW THE DTC』とは、山王連合会のダン(山下健二郎)、テッツ(佐藤寛太)、チハル(佐藤大樹)の3人組が、山王街お馴染みの溜まり場ITOKANを舞台に繰り広げる全11エピソードのショートコメディ。ダン、テッツ、チハルのイニシャルを取って、新チーム『DTC』を結成するところから話は始まります。映画では超弩級アクションが加速しシリアスな物語展開を遂げるのとは対照的に、『HiGH&LOW THE DTC』は山王連合会のムードメーカーでもあるダンを中心に、テッツ、チハルとの軽妙なやりとりが笑いを誘うコメディとなっています。映画では描かれない仲間同士の笑えるエピソードが「HiGH&LOW」世界観のままに展開されており、「HiGH&LOW」の魅力を更に深化させています。

全11エピソードからなる『HiGH&LOW THE DTC』は、8月11日から3週連続で9月10日までの期間限定にて配信。「THE MOVIE2」の公開に向けて、8月1日から「HiGH&LOW THE MOVIE」の配信もスタートし、続々と登場する「HiGH&LOW」×Huluの取組みから目が離せません。

 

【配信スケジュール】

8月11日(金)  『HiGH&LOW THE DTC』 Episode1-3

Episode1 俺たちDTC

Episode2 お湯

Episode3 DTCのテーマ曲

 

8月18日(金)  『HiGH&LOW THE DTC』 Episode4-7

Episode4 ユーチューバーになろう

Episode5 ニックネーム

Episode6 チーズインハンバーグ

Episode7 クイズ

 

8月25日(金)  『HiGH&LOW THE DTC』 Episode8-11

Episode8 ユーチューバーへの扉

Episode9 チハル先生のケーキ占い

Episode10 苺談義

Episode11 たてぶえきょうだい

※『HiGH&LOW THE DTC』は、9/10(日)までの期間限定配信です。

 

HuluにHiGH&LOW伝説の全てが集結!詳しくはこちらをチェック!

公式サイト: http://happyon.jp/static/hl/

公式PR動画: https://youtu.be/wSo1YYMeeMI

 

 

 

 

野島伸司が 「セックス依存症」を題材に “本当に描きたいドラマ”を描いた! 玉山鉄二と佐々木希が 夫婦の“悲劇的純愛”に挑む!

    この秋、Huluオリジナルでしか描けない、野島伸司が紡ぐ“悲劇的純愛”ドラマが誕生する!

心から愛し合う新婚夫婦に与えられた、究極の試練…「セックス依存症」。

妻が不特定多数の男と体の関係を持ってしまう“心の病”だと知ったとき、

夫は妻を、それでも愛しぬくことができるのか…!?

数々の社会現象を巻き起こしてきた脚本家・野島伸司が「いま本当に描きたいドラマ」を描いた!

主演・玉山鉄二が一途な愛ゆえに悩める夫を、佐々木希がセックス依存症に苦しむ妻を演じ、

細部にまで魂が宿る究極の野島ワールドを立体化する――。 

野島伸司が「セックス依存症」を題材に、「いま本当に描きたいドラマ」を世に放つ!

映像化不可能と目されていた小説を初実写化した尾野真千子主演のサイコサスペンス『フジコ』(’15)、ハリウッド監督が製作総指揮を務めた渡辺麻友(AKB48)×宮脇咲良(HKT48)のW主演ホラーサスペンス『CROW’S BLOOD』(’16)、そして日米同時配信もされて高評価を得た小栗旬主演のクライムサスペンス『代償』(’16)――。“地上波のドラマでは決して味わえない、刺激的で心に響く物語”を次々と制作して視聴者をうならせてきたHuluが、この秋、最新オリジナル連続ドラマ『雨が降ると君は優しい』を世に放ちます! 脚本を務めるのは鬼才・野島伸司。『高校教師』(’93)、『家なき子』(’94)を始め、数多くの衝撃作を生み出して社会現象を巻き起こしてきた野島が、Huluと初タッグを組みます!

『雨が降ると君は優しい』は、野島が「本当に描きたいドラマ」を形にするべく、3年もの歳月をかけて丁寧に紡ぎ出した作品。この渾身の最新作の題材として野島が選んだのは、“男女の間に横たわる究極のカセ”…地上波作品では描くことが極めて困難な「セックス依存症」!その呼称と症状から好奇の目で見られがちだが、実は「性嗜好障害」という病気の一つで、患者ひとりの力では到底抗えない深刻な心のエラーです。本作で野島は、心から愛し合いながらも“妻のセックス依存症”という究極の試練を与えられた新婚夫婦を中心に、“心の闇を抱えた男女らの愛と憎しみが交錯する群像劇”を描写しています。心のひだをすくい取る繊細さ、胸をえぐる鋭さを、すべてを包み込むような詩的で優しい描写と巧みに共鳴させながら、観る者を、狂おしくも切ない愛の世界へといざないます――。

 

かつてない難役!玉山鉄二が愛に苦悩する夫を、佐々木希がセックス依存症の妻を熱演

主人公・立木信夫を演じるのは、連続ドラマ『薔薇のない花屋』(’08)以来、野島作品への挑戦は2度目となる玉山鉄二。実力派がひしめきあう30代俳優の中でも、その精細な演技が群を抜く、目が離せない存在だ。NHK連続テレビ小説『マッサン』(’14~’15)では“ストレートな夫婦の純愛”を演じ切り、世の喝采を浴びました。彼が今作では、まったく違う形の純愛を表現します! 玉山が今回演じるのは、一途に愛する妻がセックス依存症だと知り、計り知れない苦悩にさいなまれていく夫。その身を切られるような精神状態、愛という名の両刃の剣の痛みは、玉山をもってしても表現に腐心することは想像に難くありません。そんな難役に、覚悟をもって挑む玉山。魂の叫びとも言えるその演技は、確かな愛を求める女性たちの心を捕まえて離さないでしょう。

そして、信夫の妻・立木彩を演じるのは、佐々木希野島作品への挑戦は今回が初となります。今年4月に結婚し新妻となった彼女が、本作でも新婚の妻を演じます! しかも、ただの新妻ではない。今回、彼女に与えられた役どころは…心の底から夫を愛しながらも、不特定多数の男に抱かれずにはいられないセックス依存症の妻!その想像を絶する心理状態を体現するには、深い洞察と理解に基づいた豊かな表現が必要となります。表面的な解釈では太刀打ちできないこの難役を、佐々木はどのようにして自分自身の中に落とし込み、体現していくのか…。初共演となる玉山と痺れるような感情を通わせ合いながら、佐々木は、身も心も捧げる演技で、女優としての新境地を切り拓いていきます!

※「セックス依存症」という言葉は俗語であり、正式には「性嗜好障害」という病名になります。

 

主な登場人物
立木信夫(たちき・のぶお)役…玉山鉄二
月刊文芸誌『ストーリーファイル』の副編集長。かつては小説家を目指していたが挫折し、書籍編集者となった。真面目な性格で、一度決めたことや約束を守りぬく誠実な男。どんな過酷な状況下に置かれても穏やかな笑顔を絶やさない。妻・彩を心から愛し、大切に思っている。ところがある日、彩が不特定多数の男と肉体関係を持ってしまう「セックス依存症」だと知ることに…! この残酷な事実を知っても彩への愛は決して揺るがず、それゆえに、計り知れない苦悩の渦に巻き込まれていく…。

立木彩(たちき・あや)役…佐々木希
信夫の妻。もとは女性誌で読者モデルをしていたが、結婚後は、老人ホームの介護助手をしている。少女の可憐さをにじませる美人。信夫を心から愛している。夫の愛も日々実感しており、家庭生活に不満は何ひとつない。だが、実はセックス依存症に陥っており、なぜか眩しく晴れた日には抗えない衝動を覚えて、見知らぬ男と肉体関係を持ってしまう。もちろん、信夫にはその事実をひた隠しにしてきた。ところが、ある出来事からその秘密が夫の知るところとなり、激しい苦悩と呵責にさいなまれていく…。

玉山鉄二 コメント
 野島さんの作品には、子供の頃からたくさんの影響を受けてきました。ですが以前、野島さんが手がけられた作品に出演したとき、すごく悔しい思いをしました。そんなこともあり、今回のお話を頂いた時は「ここでいいものが出来たら、また違った景色が見えるのではないか」と意気込み、二つ返事で飛びつきました。

実を言うと、今回の台本を初めて読んだときは深く理解することができませんでした。でも、もっともっと深く掘り下げたいと思い、野島さんやスタッフの方々と食事に行った時も「一字一句聞き逃すまい」と、話にアンテナを張り巡らせるあまり、何ひとつ食べなかったほどです(笑)。このドラマは昔のフランス映画のように、“観る人によって感じ方が違う愛の表現”を織り込んだ作品。僕が間違った方向に捉えていたらどうしよう…と、クランクインするまでは毎日が恐怖でした。ですが、実際に信夫を体に入れ、先入観やセオリーといった雑念をそぎ落としながら演じていくと、徐々にベースと方向性が見えてきました。恋愛モノは過去にあまりやったことがないので、女優さんとずっと目を合わせることに気恥ずかしさを感じる部分もありますが(笑)、今は何よりも“信夫として抱く感情”を大事にしながら撮影に臨んでいます。役者としての居心地はすごくいいです!

 このドラマはディープな愛を描いています。日本の社会には「愛が優先順位の一番上に来る大人は、子どもじみている」という先入観が根付いていますが、誰しも「なぜ愛が一番だとダメなんだろう?」と感じることがあるだろうし、「信夫と彩のような愛を体感はせずとも覗いてみたい」という感覚を持っているはず。そんな方々にぜひ、ディープな愛を疑似体験していただきたいです。

佐々木希 コメント
 野島さんの作品は重いテーマを扱いながらも、とても純粋で、それゆえに切なくて…。いつもキュンキュンしながら観ていました。今回の作品も、本当に純粋で、とってもとっても深い愛を描いたラブストーリーです。今回は夫婦が性嗜好障害をどう受け入れ、どんな道を選んでいくのかを描く物語。登場人物それぞれが、周囲の人たちも含めて、のちのち点と点がつながっていきますし、ビックリするような展開の連続です。私自身も台本を読みながら、早く次が読みたくて仕方なかったほど、引き込まれました!

 私が演じる彩は性嗜好障害を患っていますが、夫のノブちゃんを心の底から愛している女性。自分ではどうしようもない分、ものすごい罪悪感に苛まれ、自分自身を嫌いになる瞬間もあるからこそ、ノブちゃんの前では“いい妻”であろうとします。私にはそんな彩が純粋で儚い女性に思えて、愛おしくなりました。だからこそ彩を演じていると、日々つらい気持ちになります。

 その一方で、このような女性を演じるのは初めてなので「すごい挑戦だな」とやりがいを感じますし、女優として新しい扉が開けている気もしています。というのも、撮影中は泣かなくてもいい場面で泣けてきたり、ノブちゃんと眠るシーンで心から安心して、本当に寝そうになってしまったり…(笑)。すごく優しい玉山さんに引っ張っていただいているおかげもあって、自分でも「こんな感情になるんだ!」という新発見がたくさんあります。特に、症状が出たときや、カウンセリングを受けているときの彩は感情が定まらないので、演じ方がすごく難しいですが、「すごくいい経験をさせていただいているな」と感じています。撮影はまだまだ続きますが、彩は精神力も体力も必要となる役どころなので、最後まで集中力を切らさず、思いっきり楽しみたいと思います。

野島伸司 コメント
 夫婦のラブストーリーを描こうと思いましたが、昨今流行りの浮気や不倫のドラマは私には興味がありません。“妻のセックス依存に対する罪悪感”、“夫の理解しようとする葛藤”という、心と身体の二律背反を描くことで、夫婦の愛の絆を試す極限状態の磁場を敷きました。

 今回は芝居だけで寄せるにはハードルが高い役どころなので、役者には演技力はもとより、本人そのものにキャラクターとリンクする精神性を求めました。玉山くんの誠実でストイックなまでに完璧主義な性格は、信夫の“理解しえない妻の心の病に寄り添う絶望的な包容力”に哀愁を連れてきます。佐々木さんの純粋で美しい少女性は、彩の“罪悪感を持ちながらもどこかあどけない欠落感”に郷愁をもたらしてくれるでしょう。

 私の中にいる作家は、極限状態に置かれた人間の本質を描きたがります。その極限状態自体が、地上波ドラマではコンプライアンス云々と言われてしまう時代に、Huluが「ここなら描いていいよ」と言ってくれて、とても感謝しています。ソフトとして、最高峰のものを視聴者に捧げたいです。