Nickelodeon 3月のおススメコンテンツ

Girl Power Hours
3月3日は、ひな祭り!女の子がメインの番組及びエピソードをラインナップ!ドーラといっしょに大冒険では、ドーラとブーツの正義感あるエピソード2本、スポンジ・ボブの頭脳派サンディが登場するエピソード2本、Shimmer and Shine(英語)ガールズ3人のアドベンチャー1本、ラグラッツ・ザ・ティーンズではチャッキーが恋をするエピソード1本の内容の濃い番組です。可愛いよりもカッコいい女の子ばかりです。
Shimmer and Shine (英語) S1 #7
エピソードタイトル:Ahoy, Genies!

 

浜辺にある宝石(貝など)で、アクセサリーを作ろうと思っていたリア。その宝物でいっぱいのビーチバケツが海に流されてしまう。困った時は、シマーとシャインにお願い!もっと沢山の宝石を探しに、宝の地図を持ってリア、シマーとシャインが冒険に出発!キラキラ光る洞窟や海賊船に乗って、目的のものは見つかるかな?

 

<ON AIR>

3月3日(土)10:00, 13:30, 18:00, 21:00

ドーラといっしょに大冒険 S1 #20
エピソードタイトル:魔法のボール (Dora Saves the Prince)

 

意地悪な魔女が王子様を高い塔の中に閉じ込めてしまう絵本を読んだドーラとブーツ。王子様を助けるために絵本の世界に飛び込みます! 魔法の“オープン”という言葉を使い、ドーラとブーツは大きな門をうまく潜り抜け、ワニの湖を渡り、そして高い塔に王子様を助けるために早く到着しなければなりません。でも魔女に気をつけて! “オープン”がキーワードです。

 

<ON AIR>

3月3日(土)10:20, 13:50, 18:20, 21:20

ドーラといっしょに大冒険 S3 #9
エピソードタイトル:カギを探そう!(Save the Puppies)

 

テレビゲームの中で男に追いかけられ捕まりそうになった子犬が、画面から飛び出してきた。檻に入れられてしまった仲間の犬100匹を助けるため、ドーラとブーツはゲームの世界に飛び込む。檻のカギ100個を探しながら、犬小屋を通り抜け川を下って檻にたどり着き、全ての犬を救出。

 

<ON AIR>

3月3日(土)10:40, 14:10, 18:40, 21:45

スポンジ・ボブ S6 #19 B
エピソードタイトル:もう限界! (Overbooked)

 

スポンジ・ボブは、サンディ、カーニさん、パトリックの3人にそれぞれ頼みごとをされ、全部約束してしまった。なんとか約束を果たそうと、3カ所を走り回るが、限界に達し…。

 

<ON AIR>

3月3日(土)11:00, 14:30, 19:00, 22:10

スポンジ・ボブ S7 #26 B
エピソードタイトル:実験パートナー

(Perfect Chemistry)

 

どんぐりをテキサスに運びたいサンディは、プランクトンの力を借りて瞬間移動装置を作ることにした。だがプランクトンは、できあがった装置でカー二バーガーのレシを盗もうと企んでいた。

 

<ON AIR>

3月3日(土)11:10, 14:40, 19:10, 22:20

ラグラッツ・ザ・ティーンズ S1 #3
エピソードタイトル:チャッキーの恋

(Chuckie’s in Love)

 

チャッキーは可愛くて頭のいいニコルに恋をするが、ニコルはチャッキーの存在にまったく気が付かない。そこで、チャッキーは話し上手なチョンゴという架空の人物になりすまし、ニコルと仲良くなることに成功する。ところが、偶然ジャバラバでチャッキーとも仲良くなったニコル。架空の人物になりすますのは、やっぱり難しい。チャッキーの一途な恋の行方が気になります。

 

<ON AIR>

3月3日(土)11:20, 14:50, 19:20, 22:30

 

友情、チームワーク、チャレンジ、卒業の季節ならではの“友”がテーマのお勧めエピソード
ザ・ペンギンズ from マダガスカル S1 #13
エピソードタイトル:ワイルド・マリーン

(Otter Gone Wild) 

 

動物園の外にアイスを食べに行くペンギンズに、今まで一度も動物園の外へ出たことのないマリーンもついていくことに。しかしマリーンはいつの間にか本能的に野生化し、大変なことに!ペンギンズのチームワークは必見。

 

エピソードタイトル:局員Xの追跡 (Cat’s Cradle)

 

動物管理局員Xに追われる野良ネコのマックス。ペンギンズは様々な手を使ってXから逃がそうとするが、Xはなかなか手強い。Xとペンギンズのバトルがぼっ発!ハラハラがとまらない。

 

<ON AIR>

3月4日(日)16:30他

カンフー・パンダ ザ・シリーズ S1 #6
エピソードタイトル:同情は人のためならず (Rhino’s Revenge)

 

ポーは龍の戦士に強い恨みを持つサイのフンドゥーンと出会う。ポーは自分が龍の戦士であることをなかなか打ち明けられず、龍の戦士を倒したいフンドゥーンにカンフーを伝授するなど、なんとか友だちになろうとする。

時には同情が人のためにならないこともある。

 

<ON AIR>

3月11日(日)13:15他

ファイナルツアー直前インタビュー 不退転の決意と、ツアーにかける思いを激白 「Documentary of Namie Amuro “Finally”」 エピソード5 2月16日(金)~Hulu独占配信

2月17日(土)ナゴヤドームを皮切りに、いよいよ「namie amuro Final Tour 2018~Finally~」がスタートする。今回の密着取材はファイナルツアー直前に行ったロングインタビュー。

コンサートに望む今の心境、コンサートを見に来るファンへの思い、そして引退への強い決意を語った。

「コンサートはファンと交流できる唯一の場所で、自分の居場所。ライブを見終わって、元気がわいてきた。という風に思ってくれるようなコンサートにしたい。最後だからって、変な力を入れずに、いつも通りにステージに立ちたい。だから見に来てくれるお客さんもいつも通りで、あんまり期待しないで欲しい、プレッシャーを感じちゃうから。」と笑った。一方、「(最後を意識してしまい)いつも通りにやる難しさも感じている」と本音ものぞかせた。ファン投票で決めた選曲については、「今回は1曲目から力が入る感じ。」と説明し、「25年歌って踊っての完結ツアー、ちゃんと完結できればいいな。と思う。」と穏やかに語った。

引退についての話にうつると、「周りはびっくりしていたけど、自分の中では20代後半から向き合ってきたこと。やっとたどり着けた感覚」。そして「20周年を終えて、そのあとの5年は、1年1年やり残したことや、やらなければならないことを確認してきた。今は、やっと引退を発表できて、この1年も自分で整理してきた流れ通りにやっている。」と語った。

周囲の反応を聞いて迷いは出なかったか?との問いには、きっぱりと「ない」と答えた。「(引退を意識した)20代後半の時は、本当にやめられるのか、こんなに好きなことを手放せるのか、という葛藤があった。だからこそ大きな夢を達成して引退しようと思うことができた。」と振り返った。最後に「今は引退というものが、どういうものかはっきり理解している。この5年間は、また歌いたくなっちゃうかもしれない、という心を整理してきた。少しでもそういう気持ちが残っていたら、引退という発表はしなかった。1mmでもそういう気持ちが残らないように、5年かけて整理したので。歌いたくなったらカラオケには行くかもしれないけど。」と引退への強い意志も語った。

コンサートではMCを行わない安室奈美恵の貴重な言葉の数々。ファイナルツアーにかける思いが、このインタビューを見れば、より深く心に届くはずだ。

密着取材だからこそ映し出される意外な素顔が垣間みえる「Documentary of Namie Amuro “Finally”」エピソード5は2月16日(金)~Huluで独占配信開始。

https://www.happyon.jp/documentary-of-namie-amuro